top of page
  • tyoshikawa2106

ニュースポーツ【ラグビーテニス】の公式規則

KAMOラグビースクールではラグビーボールを使った様々なレクリエーションをしています。その中で、ぜひ皆さんにご紹介したいのが【ラグビーテニス】です。どんな人でも楽しめるこのニュースポーツを、ぜひ楽しんでください!



1. 概要

ラグビーテニスは、ラグビーボールを使って行う新しいスポーツです。2人1組のチームで対戦し、相手のコートにボールを入れることで得点を競います。手軽に楽しむことができ、幅広い年齢層に適したスポーツです。



2. コートの設定

  • コートの形状: 長方形

  • ネットの高さ: 大人の腰の高さ(約1メートル)

  • チーム構成: 1チーム2人



3. ゲームの進行

3.1. 試合開始

  • 試合はジャンケンでサーブ権を決定します。

  • サーブはコートの端から行います。

3.2. ボールの投げ方

  • サーブおよびプレー中のボールは、きちんと上に投げなければなりません。

  • はたき落とすように上から角度をつけて投げることは禁止です。

3.3. ボールの受け渡し

  • 投げられたボールをコート内でキャッチすれば攻撃権を得られます。

  • キャッチした選手はそのまま投げ返すことはできません。

  • キャッチした選手はもう一方の選手へボールを渡し、その選手が相手のコートへ投げ返します。

3.4. 得点

  • 相手のコートにボールを入れた場合、1点が与えられます。

  • 先に5点を獲得したチームが勝利となります。



4. 反則とペナルティ

4.1. 投球違反

  • ボールを上から角度をつけてはたき落とすように投げた場合、相手チームに1点が与えられます。

4.2. キャッチミス

  • ボールをキャッチできなかった場合、相手チームに1点が与えられます。

4.3. ボールの受け渡し違反

  • キャッチした選手がそのまま投げ返した場合、相手チームに1点が与えられます。



5. その他の規定

5.1. プレイ時間

  • 各試合は5点先取制ですが、時間制限はありません。

5.2. 用具

  • 使用するボールは公式ラグビーボールとします。

5.3. チームの交代

  • 試合中の選手交代は自由です。ただし、交代はプレーが止まっている間に限ります。

5.4. スポーツマンシップ

  • すべての選手はフェアプレイを心がけ、スポーツマンシップを尊重して行動することが求められます。



6. 安全への配慮

  • 競技中は互いに注意を払い、接触プレーを避けるようにしましょう。

  • 必要に応じて、膝や肘の保護具を着用してください。

以上が「ラグビーテニス」のルールとなります。安全に楽しくプレーしてください!



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page